日本の現代ガラス作家265人の作品とプロフィール
 トピックス 施設のご案内 交通のご案内 ギャラリー 万華鏡の世界 リンク集 インターネット割引券 お問い合わせ かも風鈴





体験工房

おやすみランプ   ステンドグラスの原型が出来たのは、6-7世紀頃のことです。当初は色ガラスの組み合わせによるだけのものだったのが、具象的な線や陰影を絵付けする方法が始まり、本格的な物へと発展していきました。
壁掛けや小型のランプなどは、切断した色ガラスの周囲に銅箔のテープ(カッパーテープ、コパーテープと呼ばれるもの)を巻き付けて、その上をハンダ(鉛と錫の合金)を流して接合する方法をとりますが、大きなものや建築物に埋め込むものになると、沿線にガラスをはめ込んで組み立てていく方法や、強化セメントや樹脂で接合する方法(ダル・ダ・ヴェール)など様々な方法があります。
当工房では、手軽にやっていただくために、予めガラスをカットさせていただいてます。
かわいらしい壁掛けのシリーズは、デザインから当工房が手がけた、全くのオリジナルキットです。
その他フォトフレームや、小さいランプなど、日常使っていただける物を揃えております。

ステンドグラスの種類と料金はこちら

ステンドグラス「おやすみランプ」の作り方
半田づけをする
1
 好きな色のガラス板を選びます。(カッパーテープは巻いてあります。)
2
 ガラス板を組み合わせ、カッパーテープの上に 半田を流していきます。
パティーナで染める
3
 洗剤でよく洗ってから、パティーナで半田を 染めたらできあがりです。
ライトを灯すとこんな感じです。
※当工房のステンドグラス体験は、ガラス板にあらかじめカッパーテープを巻き付けてさせていただいております。 

受付時間 9:00〜15:00

所要時間 90分より

※但しその日の状況により受付時間が多少異なる場合があります。
特に混雑時には予告無く受付を終了する場合があります。
何卒ご了承下さい。






クリスタルパークのトップページへ 〒410-3501 静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須2204-3 0558-55-1515
COPYRIGHT(C) 1997-2017 KOGANEZAKI CRYSTAL PARK ALL RIGHTS RESERVED.
このページのトップへ